アメリカの自動車殿堂再開
(2012年7月26日)

7月26日の表彰式で。左からチャールズ・T.ロビンソン氏(アルバート・カーン氏代理)、トム・ゲイル氏、シュテファン・ポーク氏(AHF理事長)、テリー・アダリー氏、マーガレット・クランダルさん(ジェイムズ・カズンズ氏のひ孫)、マーク・ジョーダン氏(チャック・ジョーダン氏の長男)
チャック・ジ ョーダ ン元
GMデザイン担当副社長

ミシガン州ディアボーンにある Automotive Hall of Fame(自動車殿堂)は2012年7月26日(木)、プ リマス市にあるホテル、セントジョーンズ・イン(Inn at St. John's)で 2012年度の表彰式を開催した 。2011年度は休止されていたアメリカの AHF だがウィリアム・チェイピン会長の努力で再びインダクティの選定と表彰式が行われた。今回選ばれたのは次の4人。

ジョン・ディンゲル上院議員(右)とビル・チェイピン AHF 会長

KCクレイン夫妻

ジェイムズ・カズンズ(James J. Couzens, 1872 - 1936): ミシガン州出身の連邦上院議員でデトロイト市長を務めた実業家。篤志家としても知られる。 トム・ゲイル(Tom Gale, 1943 - ):元クライスラーのデザイン担当副社長。1980年からクライスラー・デザインの活性化に貢献し、2000年に引退した。チャック・ジョーダン (Charles M. Jordan, 1927 - 2010): 黄金期のGMデザインで活躍、1986年からアーウィン・リヴィッキーの後任として4代目副社長に就任、1992年に引退.2代目ビル・ミッチェルに次ぐカリスマ・デザイナーとして知られるが、引退後は高等学校でカーデザインの楽しさを若者たちに伝えることを喜びとしていた。授賞式には息子マーク・ジョーダンが出席。アルバート・カーン(Albert Kahn, 1869 - 1942)フォードのハイランドパーク工場をはじめデトロイトの自動車工場の多くはカーン建築事務所によって設計された。

アメリカの自動車殿堂は入殿者のほかに3つのアウォードを制定している。勲功賞(Distinguished Service Citation)はジョン・ディンゲル(John D. Dingell, 1926 - )民主党下院議員に授与された。ミシガン地区の代表者。殿堂の支援者。文化功労賞(Lifetime Archivement Award)は自動車文化への多大の貢献をしたテリー・アダリー(Terence E. Adderiey)に贈呈。ヤング・リーダーシップ賞(Young Leadership Award)は Autoweek 誌など多くのメディアを発行しているKCクレイン(K. C. Krain)に贈られた。

1人250ドルの祝賀ディナー・チケットは完売だったとか。